ヒゲの脱毛で若返るのに「ニードル脱毛法」ではダメ?

若返ることを目的にヒゲの脱毛法を選ぶなら、レーザーとかニードルとか、方式にこだわる必要はないと思います。

一応、ニードルの利点と欠点を紹介しておきましょう。

■利点はヒゲの再生率20%という低さに!?

現在主流になっているヒゲの脱毛法は、「医師の施術によるレーザー脱毛」と、「エステで行なうレーザー脱毛」のどちらかです。

ニードル脱毛法にも他の施術と同じようにメリットとデメリットがあります。

ニードル脱毛法の最大の利点は、ヒゲの再生率が20%と低いこと。

しかし現在主流になっている“医師による永久脱毛法”は、それよりはかなり低く、あっても一桁代だと考えられます。

■ニードル脱毛法は患者への負荷が大きい。

ニードル脱毛法はヒゲの脱毛に限らず全身に適用されます。

しかし毛穴の1つ1つに針を差し込んで電流を流す手法なので、患者に与える負荷や痛みがあり、また施術時間もレーザー脱毛にくらべてはるかに長くかかります。

いまでは推奨する医師も少なくなりました。

脱毛によって若返ることをめざすなら、永久脱毛であることが前提になります。

余分なヒゲを完全になくすことで、顔全体のイメージが明るくなり、美顔マッサージなども受けやすくなります。

■クリニックを選択する際に、永久脱毛の確率はレーザーとニードルのどちらが高いかを聞いてみましょう。

現代の最新脱毛法はレーザーですから、永久脱毛の確率も患者に対する負荷の大きさも、「ニードル脱毛よりレーザーだ」という答えが返ってくるはずです。

ニードル脱毛法は150年もの昔からある方式。

語られていないデメリットが他にもたくさんあるはずです。

コメントは受け付けていません。